退職の話。

レビュー・体験

どうも、おもちです。

今日は退職の話を少ししたいと思います。

■朝、突然会社へ行けなくなった

あの人苦手だな・・コワいな・・
新しい仕事も早く慣れなきゃな・・
毎朝何か憂鬱・・
辛い・・
会社に行きたくない・・
仕事したくない・・

当時働きながら感じていた、退職前の私の精神状態です。
(仕事は正社員の栄養士でした。)
元々責任感はある方ですが、大分追い詰められていましたね・・。

結局どうして良いか分からず
夜中に一人で泣く時もありました。

■不安障害、自律神経失調症

そしてある日突然、動悸、腹痛、頭痛に襲われ、
職場には直ぐに休む旨を伝えました。

精神的ストレスによるものだと自分でも感じていたので、
直ぐに心療内科へ・・

診断結果は「不安障害、自律神経失調症」でした。

■休職後、そのまま退職へ

医師の判断のもと、しばらく休職期間を与えてもらいましたが
回復が見込めず、会社の休職上限日をもって退職する流れとなりました。

■在職中、結婚、流産を経験していた

誰にでも、人には打ち明けられない辛い経験があると思います。

まさか自分が流産を経験するなんて・・
仕事のストレスが原因かな・・

とにかく落ち込み、時間をかけて
ゆっくり取り戻して行きました・・

焦る必要は無いと言う事。

ゆっくりゆっくり。

この経験以降、特に健康的な働き方を意識する様になりました。

■退職して自分らしさを取り戻す

今でも覚えているのが、
仕事が無くなる不安よりも、
あ、やっと自分を楽にしてあげられるのかな・・」
と救われた気持ちの方が大きかった気がします。

休職期間中は、自分の身体を労わる時間をとにかく沢山作りました。

現在では、家庭菜園や料理など
心と身体が喜ぶ生活を送っています。

また、退職手続き、傷病手当受給手続きについては
今後、どこかでお話出来れば良いな~と思っております。

特に傷病手当金は、本当に有難い制度なので☆

■まとめ

自分の身体に合った働き方をもう一度見直してみませんか?
自分の心が無理と叫んでいたら、無理なんです。
心が病んでしまう前に、
直ぐにその環境から思い切って離れてみることをオススメします。

この記事を読んで、
少しでも前向きに行動を変えられるきっかけとなれば嬉しいです♪

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

コメント

タイトルとURLをコピーしました