【1分で出来る】安全な牡蠣のむき方は?洗い方や殻の消毒方法も写真付きで解説!

1分で出来る!安全な牡蠣のむき方は?洗い方や殻の消毒方法を写真付きで解説料理・レシピ

どうも、自分の殻はなかなか破れない元栄養士のおもちです。

おうちごはんで新鮮な殻付き牡蠣を美味しく味わうには、安全にかつ手早く処理する必要があります。

実際に牡蠣の殻むきで絶望を味わった経験のある私も、今では上達を楽しめるようになりました。

そこで今回は、殻付き牡蠣のむき方を詳しくご紹介します。

必要な道具や、牡蠣を衛生的に処理する方法、注意点など参考にしてみてくださいね。

おもち
おもち

こんな人におすすめの記事です!
・殻付きの生牡蠣を食べてみたい
・殻むきは時間がかかり、大変なイメージしかない

・殻を盛り付けに使って特別感のあるおうちごはんを演出したい
・調理の上達を楽しめる人
など。



別記事で、実際に購入した殻付き牡蠣も紹介しています。

興味のある方は覗いてみて下さい。

あわせて読みたい
>>大満足!宮崎県産の殻付き牡蠣(生食可)の感想・レビュー

ノロウイルスなどの食中毒による感染症を防ぐためには、充分な加熱や消毒が必要です。
牡蠣を生食する際は、加熱用ではなく生食用と表記があるものを購入してください。

【1分で出来る】安全な殻付き牡蠣のむき方は?

殻付きの牡蠣を美味しく安全に食べるには、殻のむき方を事前に把握しておく必要があります。

ポイントやコツを押さえれば、1分で出来るようになります。

必要な道具や、殻のむき方を写真付きで解説するので参考にしてみてくださいね。

牡蠣の殻むきに必要な道具

牡蠣の殻むきに必要な道具は、以下の通りです。

牡蠣の殻むきに必要な道具
  • 軍手
  • たわし
  • キッチンバサミ
  • ペティナイフ

牡蠣の殻は硬いですが、キッチンバサミがあれば意外と簡単に切ることが出来ます。

ナイフは、よく切れるペティナイフが良いです。

ペティナイフが無ければ、下の写真の様な刃が付いているステーキナイフでも構いません。

キッチンバサミとステーキナイフ

おもち
おもち

怪我をしないように、注意しよう!

ペティナイフやステーキナイフをあまり傷付けたくないという方には、専用のオイスターナイフを使用するのがおすすめです。

刃が長いものは、牡蠣の先端部分から開けるのに丁度良いサイズ感です。

おもち
おもち

これから貝料理を沢山愉しみたい人は、持っていたら安心だね♪

牡蠣の殻のむき方

牡蠣の殻のむき方は、以下のような流れで行います。

殻で手を怪我しないように、軍手をはめて安全に作業しましょう。

牡蠣の殻のむき方
  1. 軍手をはめる
  2. 牡蠣をたわしでこすりながら、水洗いをする
  3. 牡蠣の先端をキッチンバサミで切る
  4. 穴にペティナイフを入れて1つの貝柱をカットする
  5. 貝殻を開き、残りの貝柱をカットする
  6. 身を取り出す

※貝柱は全部で2つあります

おもち
おもち

写真付きで解説していくよ!
スタート!


①たわしで殻の表面を真水でよくこすり洗いをする

殻をたわしでよくこすりながら、水洗いする

②殻の平らな面が上になるように持ち、キッチンバサミで殻の先端をカットする

キッチンバサミで殻の先端を切る

③開けた穴にナイフを入れて左右に動かし、平らな面側に付いている貝柱を切る

ナイフが入る程の穴が開いていることを確認する

平らな面を上にしたときの貝柱の位置(赤丸部分)

貝柱は、平らな面を上にした時に右下辺りにあります。

④平らな面の殻を開き、今度は下に付いている貝柱を切って身を取り出す

殻を開けたら、下の貝柱もカットする


※コツを掴めば、殻から牡蠣の身を取り出すのに、1分で出来ます。

おもち
おもち

上手く出来たかな?
最初は時間がかかるけど、出来るようになると楽しくなってくるよ♪

牡蠣(むき身)の洗い方や殻の消毒方法

殻に盛り付けられた牡蠣

牡蠣を安全に食べるには、むき身も丁寧に洗いましょう。

また、殻を盛り付けに使用する場合も衛生面で注意が必要です。

むき身の洗い方や、殻の消毒方法をご紹介します。

生牡蠣(むき身)を塩水で洗う

殻をむいた牡蠣の身(むき身)には、細かい砂や殻の破片などが付着しています。

身を潰さないように、優しく丁寧に洗い流してあげましょう。

【牡蠣のむき身を塩水で洗う方法】
  1. ボールに水1リットルを用意する
  2. 塩を約20g入れる
  3. 塩水の中でむき身を優しく揉みながら洗う
  4. 最後に綺麗な真水で洗い流す

塩水で洗うと、むき身のぬめりが落ちやすく、風味が損なわれにくいです。

仕上げに牡蠣を真水で洗う様子
おもち
おもち

身を潰さないように丁寧に洗おう!

盛り付けに使用する殻も煮沸消毒を行う

牡蠣の殻を盛り付けに使用する際は、必ず煮沸消毒を行いましょう。

【牡蠣の殻を煮沸消毒する方法】
  1. 鍋に熱湯(85℃以上)を用意する
  2. 殻を入れて1分間以上加熱する

殻を捨てる際も、洗って熱湯をかけておくことで、磯臭さを軽減させることが出来ます。

シンクに溜まった牡蠣の殻

殻は、可燃ゴミに出せます。
捨てる際は、綺麗に洗っておくと、部屋が磯臭くならずに済むでしょう。

おもち
おもち

使った道具も、最後に熱湯をかけて消毒をしておこう!

まとめ|おうちで新鮮な牡蠣を安全に美味しく味わおう

牡蠣の殻とむき身

殻付き牡蠣は、むき身で売られている牡蠣とは違い、磯や海の香りも愉しむことが出来ます。

食べる際は、むき方だけでなく、洗い方や殻の消毒方法も是非参考にしてみてくださいね。

もし、興味のある方は専用のオイスターナイフも検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


あわせて読みたい
>>大満足!宮崎県産の殻付き牡蠣の感想・レビュー

>>ごぼうのアクは体に悪い?栄養を無駄にしない下処理の方法


楽天ルームにお気に入り商品を登録しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました